不動産投資の怖い落とし穴

不動産投資には、上手く付き合えば資産運用につながる
ものの、怖い落とし穴がつきものです。3つの事例から
ご紹介していきましょう。

SECTION.1 返済比率の計算が甘かった・・・

資産運用で、投資用物件として紹介されている大半の物件は儲かります。しかしながら、返済比率の計算をしっかりしないと空室が出た場合支払いが間に合わなくなってしまうなど、物件を売却せざるを得ない状況にになってしまうことも。

SECTION.2 大規模修繕がかかるのに資金が・・・

不動産投資には、不動産の特質を知る必要があります。大きなポイントは、ズバリ修繕というものが存在すること。修繕費がかかるタイミングというのは素人目にはなかなか分かりません。大規模修繕がどのタイミングで行われるかなど予め知る必要があります。

SECTION.3 入居が全くつかなかった

エリアの特性を把握していないと購入した後入居が全くつかないことがあります。物件自体が良くても周囲の環境が悪かったなどは少なからず有ります。不動産投資をはじめるには、信頼できる担当者を見つけることが大切です。

みんなの不安・疑問
  • 返済比率ってどれくらいの割合が良いの?
  • 大規模修繕がかかるタイミングは分からないの?
  • エリアの特性を詳しく知りたい
私たちは、このように ご提案 しています。

まずは三ラージへお問い合わせ下さい。
修繕が必要になるタイミングやエリアの特性などお伝えすることも可能です。
また、それらを踏まえてお客様にあったプランをご提案致します。

皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

top