ニュース・リリース2017.01.10

上毛新聞新春TOPインタビュー

弊社代表が上毛新聞新春TOPインタビューを受け掲載されました。

 

詳細はこちらから閲覧できます。

http://www.jomo-news.co.jp/top130/data/?file=023

 

 

箱づくりから 人づくり

「マイホームを建てる前に収益物件で財産形成を」と、収益物件専門の不動産会社を2006年に創業しました。アパートやマンションなど収益が上がる不動産を購入すれば、労働の対価として賃金を得るのと同時に安定した家賃収入が得られます。不動産投資というと怖いイメージがあるかもしれませんが、「紙の資産」といわれる株などと異なり現物投資であり、売買のタイミングを気にすることなく地道に収益を上げてくれます。

当社のお客さまの約7割がサラリーマン。収益物件を通して財産を築くことで金銭的、時間的にゆとりが生まれ新たにチャレンジしたり、安心できる老後のための私設年金代わりに始めたりと、今までにない豊かさの可能性を創造し続けています。太陽光発電や福島県で除染作業員の宿舎の整備も取り組んでいます。

当社の理念は、お客さまを幸せに、社員を幸せに、そして社会貢献。空き家問題やシャッター街など不動産に関わる地域の問題解決につながってこそ、会社の存在意義があると考えます。地域創生には、人の活性化が必要です。箱づくりでは地域は元気になりません。一人ひとりが輝くことで、会社もまちも元気になる。企業家は人づくりをする責任があります。夢や希望を持たせることが最も大切であり、社長のビジョンさえも超えていくすごい社員を育てたい。北関東が主なマーケットですが、今後は海外にも目を向け、世界を俯瞰(ふかん)して国際的な投資ができる環境を作っていきたいと思います。

 

top